ニキビ・ニキビ跡の治し方

ニキビの原因は?ニキビ・ニキビ跡を治すには?

ニキビを気にする女性

 

ニキビは思春期だけではなく、大人になってもできるもの。
またケア方法を間違うとニキビ跡が残ってしまいます。

 

この記事ではニキビの原因や思春期ニキビと大人ニキビとの違い、ニキビ・ニキビ跡の治し方などをご紹介します。

 

正しいケアでニキビを予防・治しましょう。

 

 

ニキビができる仕組み

ニキビというと、ニキビ菌(アクネ菌)のことがまず頭に思い浮かぶかもわかりませんね。
しかしニキビ菌そのものは誰の肌にもある常在菌であり、単体で悪さをするものではありません。

 

ニキビは過剰分泌された皮脂や古くなった角質など、何らかの原因によって毛穴がふさがれ、毛穴の中に皮脂がたまってニキビ菌(アクネ菌)が繁殖し、毛穴の中で炎症が起こることでできるものです。

 

ニキビを引き起こす「何らかの原因」には様々なものがあります。

 

ニキビの原因って?

思春期にできるニキビの主な原因は、過剰に分泌された皮脂で毛穴が詰まってしまうことです。
これに対し大人ニキビの原因は様々なものがあります。

 

まず肌の代謝が落ちてくることによる古い角質の蓄積。
古い角質が毛穴をふさいでニキビの原因になるわけですね。

 

次にお肌の乾燥。
お肌が乾燥する=皮脂が足りないと、お肌は皮脂をたくさん分泌しようとします。
その結果、皮脂が過剰になってしまうんです。

 

お肌の乾燥は間違ったクレンジングの仕方や、洗顔のし過ぎによっても起こるので注意が必要ですよ。

 

ストレスや睡眠不足によるホルモンバランスの乱れ、食生活の乱れも皮脂の過剰な分泌につながります。

 

思春期ニキビと大人ニキビの違い

皮脂量が増えると毛穴をふさぎやすくなり、またニキビ菌は皮脂をエサに増殖するため、皮脂の分泌とニキビは深い関係があります。

 

思春期は皮脂の分泌が盛んなので、ニキビもできやすいんですね。
特に皮脂量の多い顔の中心、Tゾーン、髪の生え際等に多いのが思春期ニキビの特徴です。

 

これに対し大人ニキビの原因は、肌の代謝機能(ターンオーバー)の低下による古い角質の蓄積にあります。

 

古い角質が毛穴をふさいでできるニキビが大人ニキビであり、口の周りやフェイスラインに多いのが特徴です。

 

また治りにくく、跡になりやすいのも大人ニキビの特徴なんですよ。

 

ニキビの予防・治し方

ニキビのできやすい人は皮脂の分泌量が多かったり、ニキビ菌(アクネ菌)が多いと言われています。
まずていねいな洗顔でお肌を清潔に保つようにしましょう。

 

Tゾーンや髪の生え際など、皮脂分泌量の多いところは特に念入りに洗いましょう。
また洗い残しがないようにしっかりすすぐことも重要ですよ。

 

食生活も大切な要素です。
高い美肌効果のあるビタミンB2、肌のターンオーバーを整え、皮脂の分泌を抑えるビタミンA、皮脂の酸化を防ぐビタミンCやEなど、ビタミン類を摂取するようにしましょう。

 

逆にコーヒー(カフェイン)やチョコレート、香辛料、脂の多いものは皮脂の分泌を促進させるため、ニキビができやすい人は控えるようにしてみましょう。

 

睡眠不足やストレスもニキビを増やす原因。
十分な睡眠をこころがけ、ストレスと上手に付き合っていくことが大切ですよ。

 

ニキビ跡の治し方

薄っすらと茶色いシミのようになった色素沈着によるニキビ跡は、ビタミンCなどの美白有効成分の入った美容液等で毎日お手入れすることで、少しずつ薄くなっていきます。

 

軽いクレーター状になったニキビ跡なら、ピーリングがおすすめですが、深いクレーター状になったニキビ跡は、迷わずクリニックを受診しましょう。